【徒歩→自転車日本一周24日目】 福島県!自転車て通れない領域

絶好調!ぶっちぎり!

進んだ道「仙台→双葉町」94km

かねがね福島の海岸線沿いは、「自転車で通れない」と聞いていました。

実際に、「行ってみてどうなのか」

また「今どうなっているのか」見るために、ぶち当たって見ることにしました。

順調に、行けると思っていたところやはりゲートがあり、通行止め。

車の通行は可能ですが、歩行者やバイク、自転車などは通れませんでした。

これは、大きなチャンスと思い周りをぐるりとしました。

すると、震災から11年経ちますが、建物がそのまま残っているところもあります。

瓦礫も残って工事をしている最中でした。

けど、周りは緑が生い茂る蘇ろうとしている。

人間が創造するよりも復興が早い。

ジブリもののけ姫の最後シーンを思い出す。

自然は、人間にありのまま「生氣ろ」と行っているようでした。

人間がやらなくても自然が溢れていく。

土も蘇り綺麗な循環をする。

そこに今までのない空間を共存すれば、アスファルトで多いすぎず、環境問題も解決する。

一体人間は、何をそんなにせかせか一生懸命、暑い中マスクをし働いているのかわからなくない。

国や組織、企業の言われる指示に従って、それをやらなきゃご飯や生活ができないと思っている。

実際は、一人ずつが動いて協力しあってできている。

コンビニの店員さんか「おはようございます」

と元氣な笑顔で言っておりほっこりしました。

実際は、それだけで充分に思います。

自然体で人間もいれば、よっぽどシンプルに生きられる。

今日は、仙台方面へ進んで内陸から通って行きます。

この往復した2日分も、運がいいことに思う

今日なのでした。

以上最後まで読んでいただき誠にありがとうございます。

また、気軽にフォローお声掛けいただけると喜びます︎

カテゴリー表

応援・サポートをする

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
氣軽にクリエイターの支援と記事のオススメができます。

いただいたサポートは今後の活動資金(次世代に役立つこと、税金、同棲者への思いやり、自然との調和の生活創り、全国の波動の高いところの調査など)や、面白いブログを作るためのモチベーションとさせていただきます。

支援・サポートをする
メッセージを送る

    ブログランキング
    タイトルとURLをコピーしました